【朗報】住信SBI ネット銀行『スマートプログラム』改定

生活

2021年4月から『住信SBIネット銀行』の優遇サービス「スマートプログラム」のランク判定条件・特典内容が改定されるとの発表がありました。(ランクに反映されるのは2021年6月から)

結論から言うと、今回の改定は我々利用者にとって朗報と言えます。

ランク2以上の優遇判定条件に「スマート認証NEO登録」を追加

スマート認証NEOとは

「スマート認証NEO」は、アプリ「住信SBIネット銀行」とスマートフォンに登録された本人確認情報を紐づける認証機能です。パスワード等による認証に比べ、より安全かつスムーズにお取引いただけます。

<住信SBIネット銀行より引用>

ものすごく簡単に言えば、スマート認証NEOに登録することで、セキュリティーが強化されるといことです。

セキュリティーについては『住信SBIネット銀行』は今でも十分強いです。

記憶に新しいのはPayPay等で不正出金が発生して世間を騒がせました。

問題発生を受けて多くの銀行でセキュリティ不足が明らかになり、PayPay等へのチャージが中止されていますが、住信SBIネット銀行は問題なかったため、いまでも普通にチャージ可能です。

もともと他の銀行より安全だったものを、さらに安全にしようとしているんですね。

「スマート認証NEO登録」がランク判定条件に追加されたことで、以下のように変わります。

<住信SBIネット銀行より>

なお、A、Bの内容についてはこれまでと変更ありません。

注目は、スマート認証NEOの登録さえすれば自動的にランク2になるということですね。

(登録方法は、特に難しいところはなくて誰でもスンナリできると思うので特に解説していません。

ランクごとの無料回数

<住信SBIネット銀行より>

ランク2以上は件数が並み増えています!

一点だけ注意しないといけないのは、ATM手数料無料回数は出金から入出金になったということです。

今回の改定で唯一マイナス面があるとしたらここです。

しかし、そもそもキャッシュレスが浸透している昨今、クレジットカード、デビットカード、あらゆるネットサイトのインターネット上の振込に対応している住信SBIネット銀行で、そんなにATMを使う機会あるかと問われると、おそらくないでしょう。

また、ATMを使うとしても、利用用途としては、入金よりも出金の方が多いのではないでしょうか。

そう考えると、ほとんどの人にとって、実質的デメリットはないと言えるでしょう。

まとめ

スマートプログラムの恩恵を受けるにはスマート認証NEOの登録が必須
スマート認証NEOを登録することでセキュリティーが強化される
スマート認証NEOさえ登録すれば無料回数が増えて実質デメリットはない

この手の改定は利用者からすると改悪になることがほとんどです。

最初はお得なサービスを打ち出して、人を集めておいてある程度してから改悪するのがお約束のパターンです。

ところが、さすがは私的最強銀行『住信SBIネット銀行』です。

セキュリティーへの高い意識と取り組み、かといってそれをユーザーに無理強いすることなく、スマートプログラムの恩恵という形で、自然に浸透させようとする姿勢。

今回の改定では無料回数の増加にばかりついつい目がいってしまいますが、その背景には住信SBI銀行が利用者をいかに大事にしているか(と自社の長期的成長戦略)が見て取れます。

信頼できる銀行ですね。